スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関野フィールド2017年7月

今年は色々と忙しく、放置されがちになっている関野フィールド。
そんな中でも、丈夫な作物たちが育ってくれてます。
201707hatomugi.jpg
湿気の多い土地でも育つハト麦!
2017myouga.jpg
日陰で育つミョウガ!

例年、草に負けてしまうので、今年は一面だけにした稲も
201707ine.jpg

何とか頑張ってくれてます。
スポンサーサイト

昔の関野のお話

 6/24、森部がお借りしている関野フィールドの地主、中村正太郎さんに、昔からのこの土地の自然とのお付き合いについてお話を伺ってきました。
 代々この土地に住んで来られた正太郎さんは、フィールドの国道を挟んだ下の土地にお住まいです。 藤野では珍しい、そして関野地区では唯一、現在も水田を耕作されているお家です。 中村家は水田の少ないこの辺りでは珍しく、雑穀は作らずに穀類は米と麦だけ作っていたそうです。それだけ藤野の中では日当たりや水に恵まれた場所だったのでしょう。 森部で稲を作ろうと苦戦してきた山の田んぼは、代々中村家が棚田として利用してきた場所ですが、そこは30年ほど前に止め、現在続けている水田は御自宅の下の土地です。
 田んぼを止め、関野フィールドにはスギが植えられました。 現在この辺りはスギやヒノキの林に囲まれていますが、60代後半の正太郎さんが子どもの頃、棚田の周囲に木はなく、日当たりがよかったので、稲だけでなく、サツマイモもたくさん栽培していました。 今ではこの地域でも廃れてしまった食べ方ですが、イモを粉にして饅頭にもしていたそうです。
現在のお住まいは、正太郎さんと、そのお父さんの親せきで斜面を平らに屋敷引きをして、建てられたお家。 家の建材は中村家の山から伐り出してきたものです。 伐採した木を搬出する時には、佐野川という藤野北部の地域から借りてきた馬を使ったそうです。 伐り出してきた梁丸太・床柱を磨くのには、ワラ縄を濡らし、それに糠をつけてこすっていました。 家の材料、それを搬出する動力、加工する道具、全て自分たち自身や地域内で自給できるものを使っていたんですね。煮炊きにも風呂の燃料にも、薪や炭を使っていました。正太郎さんのお家は、今でも風呂の燃料に薪を使っておられます。
 更に、薪や炭はかつて貴重な現金収入源でもありました。 今でも炭焼きの痕はありますが、正太郎さんの子どもの頃には、既に炭焼きはしていなかったとのこと。 その他の現金収入減としては漆や絹織物などがありました。 甲斐絹と呼ばれる山梨の伝統的な織物を織っていたそうで、奥様のすずえさんから、中村家で譲り受けたという絹織物を見せて頂きました。
20170624kaiki.jpg

しかし、中山間地で農地に適した平地が少ない上、中央線で東京に通勤可能という条件もあり、この部落の多くの住民は早くからサラリーマンとして都会に通っていたようです。 関野地区でも専業農家は葉タバコを作っていた一人だけで、それも40年前に止めてしまったそうです。 正太郎さんも勤め人として都会に出勤はしていましたが、土日は山仕事や畑仕事をしてきました。 その中で、生活に必要なものを山から調達する術を身に付けて来られたようです。
20170624shoiko.jpg
20170624bakuso.jpg

 写真は、木を組み合わせて作った背負子や、馬糞ッカゴと呼ばれるモウソウチクで編んだ大きな籠などの日用品。 スギの枝打ちをする時には、山の中で細い木を伐って組み合わせ、梯子を作って木に登っていたそうです。 この梯子は残念ながら、現在は残っていません。どれも作るのには相当器用さが要求されそうですが、昔は誰でも作れる日用品でした。 現在も、風呂の燃料やシイタケのほだ木として山の木を活用したり、お家の周囲の柿や梅で干し柿や梅干を作ったり、山の恵は生活の一部であり続けています。 関野フィールドにも、実のなる位置が高くなり過ぎて収穫できないほどの大木になった百目柿が残っています。
 森部でも、昔からの知恵や技術を活かして森の整備につなげていければよいなと思っています。

MAKIKURA報告&告知

5/21日曜日、熱中症になりそうな晴天のもとで第2回目のMaKiKuRa主催の薪割りワークが開催されました。

参加者は、MaKiKuRa設立メンバーの4人中3人といつもご一緒しているお一人を加えて4人。10時から始まり5時近くまで皆さん精力的に動いていました。
0706makikura.jpg

場所は藤野地区名倉のいつもの場所。梅雨を超えて草が生え始める前に早めの片付けが必要な場所でした。去年は草刈りから始めたという大変だった記憶が頭をよぎったので作業が随分進んでホッとしました。

さて、今回は、チェーンソーを使った玉切り作業を終わらせる!という目標を立てて、薪割り機の出番はまた次回にすることにしました。割ったものを持って帰れない寂しさはあるものの、玉切りする原木もたくさんあるし、切ったものを動かすのも一苦労ということでこの二つの作業に集中することに。

この結果、1日で山のような薪が出来ました。これ、次の作業日に割り切れるかな!?というほどです。皆さんの汗の結晶ですね。ただ、私は帰った後に軽い熱中症になったので、この時期からは十分な水分補給が必須だと体感しました。

さて、今回の準備のおかげで、次回は大大薪割り大会となりました。いっぱい働いて山のような薪を持って帰ることになりそうです。次回は6/24梅雨に入ったのが気になる点ですが、1日天気が持つといいなぁ。

参加希望の方は下記までご連絡下さい。
makinowa.fujino@gmail.com (担当; ます)

5/28東アジア地球市民村

 報告遅れましたが、5/28、日中韓の人達が関野のフィールドを訪問しました。この日は藤野で開催された「東アジア地球市民村」に参加した中国、韓国、日本の人達が、藤野の中の様々な場所でワークショップを受講。その中の一つとして、5人の人達が森部フィールドを訪れてくれました。

 参加者の中には、北海道で自然学校のスタッフさん、日本に留学して環境のことを学び、将来は日中をつなぐエコツーリズムを事業にしたいという中国の企業家青年、ボランティアで海辺をきれいにしているお母さんなど、植物や自然に詳しい人がたくさん参加してくれました。森部の説明や水脈整備の最中に「故郷ではこれ食べます」「サワガニみつけました」…、参加者が色んなものを発見してくれて、楽しく脱線しながら作業できました。
170528sawagani.jpg


 まず、最初のワークは久々の水脈整備。しばらく実施してなかった上、雨が少なかったこともあって水脈は詰まり気味です。
170528suimyaku.jpg

続いて、田んぼに種もみをまきました。ここ2年はなかなか草取りに時間を避けず、収穫もスズメの涙だったので、今年は昨年採れた種もみだけ、4区画あった田んぼの小さな一区画だけに撒きました。代わりにというわけではありませんが、一区画にはハト麦の種を播種。うまく育ってくれるでしょうか。そして最後は、きらめ樹体験。まずは皮をむいた丸太の重さを確認。
170528maruta.jpg

そして、スギの木を一本皮むきしました。ちょっと剥きにくい木で、なかなかツルンといかずに最初は少し苦戦しました。皮むきを残酷と感じた参加者さんもいたようですが、大事な感受性だと思います。でも、皆さん間伐の必要性を理解して下さいました。
170528kirameki.jpg

 この日のワークが、東アジアの友好が広まるきっかけの一つになれたらうれしいです。

CoToLi project 始動!!

森部メンバーでもあるスタジオY.E'Sの家具職人さん達を中心に「CoToLi project」が始まりました!

「CoToLi projectってなに?」

里山で伐った木の製材、加工、最後の利用までの流れを小さく作って行くプロジェクトです。
藤野以上の山間地、山梨県上野原市秋山。そのまた奥にある、森と沢に囲まれた家具工房スタジオY.E'S。ここには様々な想いとスキルを持った人たちが集まってきます。そして、周囲には数十年もの間、手入れが十分にされてこなかった里山と、使い手がいなくなってしまったけれど、創業者の 想いの詰まった製材所があります。こんな要素が絡み合って出来たのがCoToLi project。今年の4月、スタジオY.E'Sでのランチミーティングから始まりました。

近くの山主さんの1ヘクタール弱の森を整備しながら木を搬出。そして、その木を近隣の製材所で製材。スタジオY.E'Sの協力のもとに最終加工して製品化。以上がプロジェクトの流れです。
家具はもちろん、住宅などのリノベーションのための材料も提供して行く予定です。森から始まって街に繋がる、小規模だけど、だからこそ利用者が森にまで想いを寄せることができるようなプロジェクトを目指しています。

これから9月まで、月1回イベントを開催しますので、森部のイベントも合わせ、是非よろしくお願いします!「こんなところで木を使ってみたい!」といった御要望も大歓迎です!

「初イベント開催」

さて、5月13日にそのCoToLi projectの初イベントが開催されました。

参加者はスタッフ含めて22名。プロジェクト説明に始まり、早速皆さん一緒に近所の森に入りました。皮むきの説明を一通りした後は、まずは体験ということで、用意したノコギリと竹べらを使って杉の皮を剥いて頂きました。剥き始めるまでに難儀していたグループもありましたが、それぞれのペースで、楽しんでいました。

結果として、20本の杉、ヒノキの皮むきができました。参加者の半数は女性が占め、小学生と保育園児も。作業中の若い女性の歓声に場も和み、作業後の子供たちの饒舌さには驚かされました。森の中での皮むきが皆さんの中にある何かを刺激してくれたのではないかと思います。
201706cotoli.jpg

この日はあいにくの雨の中での作業となりましたが、申し込みをして下さったみなさまは全員参加でした。皆さん風邪を引いていないことを祈ります。ちなみに私は軽い風邪になりました。雨対策は必須ですね。

皆さんがハッスルした皮むきのあとはお待ちかねの山菜の天ぷらランチ。美味しい天ぷらの数々に皆さんとの会話も弾みました。

「どうして皮むき間伐?」


皮むき間伐では、伐採するまで、立ち枯れた木が森の中で支え木として残ります。そして伐採する頃には、天然乾燥して軽くなっています。そこで、 一気に伐採をすると残した木にも悪影響が出そうなケース、急傾斜など、重い生木のままでは搬出しにくい、 というケースで、この方法を取っています。また、皮を剝くという、老若男女が関われる安全性の高い間伐方法であることも、多くの人たちと一緒に夢を実現していきたいという私たちのプロジェクトに向いているんじゃないかと思っています。
ちなみに4月から9月は気が水を勢いよく吸い上げる成長時期で、木の皮を剥いて立ち枯らしさせる間伐方法が一番やりやすい時期です。針葉樹でも杉は特に皮が剥きやすい樹種です。

「次回以降のイベント日程」
内容は予定ですので変更する場合があります。参加申し込みの際にご確認下さい。
6/17 皮むき間伐と森の健康診断
7/15 皮むき間伐とそうめん流し
8/19 皮むき間伐と森の小演奏会
9/2 皮むき間伐と間伐伐採講習会(チェーンソー初級講座)
また、各回終了後の森のスプーン作りワークショップは常時受け付けています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。