スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわくワンダーランド=ふじの自然学校

本日、最終打合せ。
山主さんと共にみんなでお山へ。

地図と照らし合わせて、
境界線、河川、お山の状態を確認しました。

お山へ入れば入れるほど、
わくわくしてきます。
そんなお山。


沢がたくさんあり、
お水が豊富(今は滞り気味・・・)

程よく光の入る
田んぼの跡地、



ほかにも、
竹林や、炭焼き窯、
壊れかけの小屋、







わくわく要素がたくさんです。


水脈整備をして、つまり気味の沢が
これからどう変わっていくんだろうと思うとたのしみで仕方ありません。




ここの水がするすると流れだしたら、
そこに生きる植物が
見違えるほどにいきいきとして、

そこの田んぼで、
みんなでお米づくり。


ああ、わくわく。


トランジションのお百姓クラブとも
コラボしたり、

都市部の方ともご一緒にお米づくり
とか、想像するだけでたのしい。


矢野さんの水脈整備を学ぶのも
もちろんなのですが、
このわくわくよろこびに満ちた空間を
みなさまとご一緒したいです。


ぜひぜひ、
ふじの自然学校へいらしてください。
お待ちしております♪

初回講座は、2/24です。
その次は、3/24と続きます。

詳細はふじの自然学校「いのちめぐる風土の再生塾」


こちらは、整備の要
人の動線。道づくりのプラン中~

スポンサーサイト

ふじの自然学校『いのちめぐる風土の再生塾』



ご存知でしょうか?
日本の大地の多くが病んでいることを。


私たちと同じく、大地も呼吸しています。
私たちの体内を気血がめぐるように、
大地にも地形に沿った
水と空気の動きがあります。

コンクリートにより
その流れが遮られてしまうと、
大地は呼吸困難となり、木は枯れ、
泥水が出たり、斜面崩落など、
様々な問題が生じてきます。


すべての生命がいきいきと安心して
そこで暮らしていくために、
大切なのは、豊かな自然の再生。

いのちを吹き返したお山で
自然と共にある昔ながらの
里山暮らしを蘇らせてゆきたいと、

大地の再生法を見出された
矢野智徳さんを講師にお迎えし、

ふじの自然学校では、
大地の呼吸・気血の巡りを促す、
水と空気の循環に着目した
大地の再生法を学び、実践してゆきます。


どこの環境でも基本は同じです。

身近な森、お家の庭…。
是非、この機会に
皆様のまわりでお役立てください。


里山整備のテクニックだけでなく、
自然と調和して生きるヒントとなるかもしれません。


<講師プロフィール>
矢野智徳氏 NPOもりの会副理事長
日本造園連合会員・環境再生医
詳細。私の森.jp『あの人の森語り』



<2013年(前期)スケジュール>
第1回 2月24日(日) 風土を再生する、里山整備の視点
第2回 3月10日3月24日(日)環境整備の要、水脈整備
日程変更となりました。(追記:2月10日)
第3回 4月27.28日(土、日)実践、水脈整備その1
第4回 5月25.26日(土、日)実践、水脈整備その2

6月以降のスケジュールは
決定次第、お知らせいたします。


<講座スケジュール>
1日講座 :10:00~17:00(午前講義、午後実習)
2日講座 :1日目 18:00~21:00 座学 2日目 9:00~17:00 実習

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 参加費:1日講座5,000円(保険込み)
2日講座9,000円(保険・夕食・お弁当込み)
泊りがけでの参加は、+1,000円(夕・朝食込み)

※学生割引(講座料半額。詳しくはお問い合わせください)
※保護者同伴の場合、小学生以下は無料。


■持ち物:軍手、タオル、水筒、雨具、保険証、お弁当(2/24、3/24のみ)
移植ゴテ、ノコ鎌、剪定ばさみ(ない場合はご相談ください)
※ 2日講座泊りがけの方は、寝袋をご用意ください。(ない場合はご相談ください)

■服装:汚れても良い服(長袖、長ズボン)、
長靴(動きやすく濡れてもよい靴)、帽子

■主催:トランジション藤野 森部

■お申し込み・お問合せ
下記のフォームよりお願いします。
『ふじの自然学校申込フォーム』
  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふじの自然学校、はじまります




2010年、秋。
藤野の森に熊が出没するようになり、
森と向きあっていこうと
森部は発足しました。


みなさまのご支援を受けて、
少しずつ、少しずつ、
活動が地域に浸透してきています。
ありがとうございます。

おかげで、
藤野地区の綱子、佐野川、小渕、
3つのお山と関わらせて頂き、

主に人工林のお手入れや、
間伐材の地域内での利用を考えて
模索しながら活動してきました。


その根底にあるのは、
豊かな自然あってこその、豊かな暮らし

すべての生命がいきいきと
安心してそこで暮らしていくために、
必要不可欠なのは、
生き生きとした、豊かな自然。


そんな思いもあり、
コツコツと森のお手入れを続けています。


去年ご縁を得たお山には、
里山暮らしの跡が色濃く残っています。
田んぼ跡地、炭焼き窯跡など。
わくわくさせるものがたくさん。

放置されたお山でも、
私たちにとっては宝、そのもの。

この森が蘇って、
ここで田んぼをみんなで出来たなら…
どんなに素敵なことか!

その奥にある炭焼き窯の跡地をみて、
ここで、みんなと炭焼き出来たなら…
どんなに素敵なことか!

やはり、生き生きとした自然でないと
始まれない。

ここで、色々やれたらいいな。
でも、この生気を失ったお山を
どうしていいかわからない…


そんな時、ある方に出会いました。
矢野智徳氏です。

彼は、水と空気の視点で、
荒れた大地を再生して歩く環境再生医


どうしていいかわからない程、
生気を失ったお山を前に

どうしたらこの山を
豊かな環境に戻していけるか
希望の光をくれたのが矢野氏でした。


このご縁を機に講座の開催を決め、

2/24を皮切りに、
ふじの自然学校がはじまります。


藤野のお山を舞台に、
大地の再生には欠かせない、
水の流れ・水脈整備を中心に学び、
実践してゆきます。


目からウロコの水脈整備について、
詳細はこちらを。
http://watashinomori.jp/gotoact/job_vlt_05.html


里山整備の
テクニックだけではなく、

いのちを育む仕組みを
体感できることは、
自然と和して生きる
ヒントとなるでしょう。


いのちとは、自然とは、
魂の深い部分にまで、
言葉を超えて響いてくるような
年間を通しての連続講座です。

『いのちめぐる風土の再生塾』
ぜひご参加ください。


そして、大地再生のため、
お力をお貸しください。

一緒にいのち豊かな自然へと
還してゆきましょう。


詳細はこちら

2012活動報告

ブログ新設に伴い、以前のブログより活動レポートを抜粋しました。

【2012年度活動レポート】


4月22日 定例活動 森のお手入れ事始め
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

5月13日 間伐勉強会

5月27日 定例活動 きらめ樹体験会
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

6月24日 定例活動 きらめ樹体験会
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

6月30日 全国一斉きらめ樹スパーク
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

8月19日 定例活動 きらめ樹体験会
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

9月23日 定例活動 ミーティング
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

10月28日 ふるさと祭り出店

11月18日 定例活動 環境改善勉強会
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

12月9日 定例活動 伐採ワークショップ

12月16日 ロケットストーブづくりワークショップ
http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

森部ブログはじめました。




トランジション藤野森部のブログをつくりました。

こちらのブログで、講座のご案内、
講座のレポート、シェアしたい森の事など
発信させて頂きます。

どうぞよろしくお願いします!


過去の活動は、こちらのブログより。

http://inochinogakkou.blog.fc2.com/blog-category-10.html






森部部員 くりこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。