スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/21ふじの自然学校報告 ~ついに難関の詰まり除去の巻~

今回はフィールド入口の中央高速橋脚下から講座スタート。前々回の講座で、「人間が作ったものには定期的なメンテナンスが必要」という話が出ましたが、橋脚下の道路には、やはり今回も泥が流れ出していました。先日降った大雨で、コンクリートの水路から水がオーバーフローしてしまったようです。そこで、水量が増えても水路から溢れ出さないよう、コンクリートの蓋や木を使ってバリケードを設置。コンクリートの構造物でも、こういうちょっとした工夫で自然への影響が緩和できます。

続いて、草刈りと水脈整備の実作業です。矢野さんがお手本を示して草刈りの仕方を説明。「風でヒョロヒョロするような不安定な部分を刈っていきます」と、鎌を使ってヒョロ長く伸びた草を刈ります。これが矢野流「風の草刈り」。こうすることで、太い根が細い根に分岐していき、地面が軟らかくなるそうです。細く分岐した根は水を吸い上げる力が弱まるので、この草刈りだけで、特に夏場の乾草期には草の勢いを押さえることができます。ただし、田畑の草刈りをする際には、作物が草に負けないよう、もう一段階低く刈る必要があります。
 畑の野菜は順調に生育中。トマトは赤く熟し、カボチャも実が付き始めていました。でも、スイカだけは、草に負けてしまったのか、いつの間にか消えてしまいました。残念。
 田んぼはやはり乾燥気味ではありますが、稲はしっかりと育っていました。しかし、日照時間の違いによるのか、土の湿度によるのか、区画によって生育に差が出ています。
130721takusakari.jpg

 そして、いよいよ水脈整備。ユンボマスターの矢野さんは、車体を左右に傾けて障害物を避けながら、そして土石を砕きながら、沢を掘り登っていきます。
130721yunbo.jpg

この日はフィールドの下流部に位置する最難関の詰まりに取り組みました。この場所の周囲では枯死した何本もの木が、沢の中や上に倒れ込んでいます。
130721tsumari.jpg

そこで、ユンボ作業の前に、チェーンソーで沢の中の倒木を伐採し、切った木を土手に立て掛けて行きました。続いては沢をまたいで倒れている何本もの大木の処理。参加者も加わってチェーンソーで伐採していきます。一本切る毎に、積み重なった木々がメキメキ音をたてて崩れていく様は迫力満点。チェーンソー組以外の参加者達も伐採光景に見入っていました。倒木を処理したことで、森の中には涼風が吹いてきて、「空気通り」がよくなったことを実感。130721bassai.jpg

お昼休みをまたいで倒木を片付け終えると、再びユンボや剣スコップによる水脈整備。沢を掘ると真っ黒な土がどんどん出てきます。この黒い土と、そこから発生するガスが、大量の木が枯れてしまった原因。コンクリートの狭い水路で川がせき止められたことで、この場所に泥が溜まり、有機物と混ざってヘドロとなってしまったのです。

下流の詰まりを除去しながら、上流部では土手に繁茂したササを刈っていき、川沿いの空気どおりを改善しました。水脈に沿って空気を通してやると、土の中で澱んでいた空気や水が動き出し、川の水の動きもよくなるそうで、矢野さん曰く「信じられないようなことが起きてくるんです」。
最難関の詰まりを取ったことで、果たしてこれから何が起きるのでしょう。乞う御期待!
130721sawa.jpg
スポンサーサイト

7/2の田んぼの様子

6月中旬、ようやく梅雨らしくなりましたが、下旬からは再び日照りが続きました。さて、関野フィールドの田んぼはどうなっているでしょう?
辛うじて周囲の水路に水は残っているものの、再び乾燥し始めていました。
130702suiden.jpg

あれ?奇跡の稲、イセヒカリは???
湿ったところを好む雑草、ミゾソバに埋もれて見えなくなっています。
イセヒカリもよ~く探すと、あちこちで成長中。20cmくらいに伸びた稲もいます。でも、中にはまだ3cmくらいの高さで雑草に覆われてしまったものも。湿り気があり、かつ、日当たりのよい所では、稲の成長がいいようです。

丈の低いものは、このままでは周りのミゾソバやヘビイチゴなどの草に負けてしまいそうです。そこで、稲を刈らないように注意しながら、草を刈って日が当たるようにしました。
130702ine.jpg

乾燥にも雑草にも負けず、強く生き抜けイセヒカリ!

畑の作物も生育中。トマトやカボチャが幾つか実をつけ始めました。こちらも草に埋もれかけていたので、「風の草刈」を実践。作物に空気と光が通るようにしました。実はこの前日、近くでサルの群れを目撃。なるべく野菜に気付かないでね。
130702tomato.jpg

次回のふじの自然学校は7/21開催。是非、森の変化と田畑の様子を見に来てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。