【告知】9/27ふじの自然学校「水脈整備講座」のお知らせ

9/27は久々の、そして今年最後の矢野さん講座。

森部ではお馴染みの水脈整備の達人、矢野智徳氏を招いてのフィールドワークです。
詰まりを取り除き、水と空気の流れを取り戻して、動脈硬化を起こした自然環境を再生します。

今回は、これまでに整備した水脈をメンテナンスしたり、草刈りをしてフィールドの空気通りを改善したりします。
藤野での矢野さん講座は、これが今年最後のチャンス!
お見逃しなく!

■日時
9月27日
10時ー17時
■場所
相模原市緑区小渕 
■集合場所
藤野駅
■集合時間
9:30
■参加費
4,000円(保険込み)
学生半額、保護者同伴で高校生以下は無料

■講座スケジュール(予定)
09:45 受付
10:00 フィールド
12:00 昼食
13:00 フィールド
16:30 質疑応答&シェアリング
17:30 解散

■持ち物:お弁当、着替え、軍手、長靴、タオル、水筒、雨具、保険証
※あればお持ちください(のこぎり、ノコ鎌、剪定ばさみ)
■服装:汚れても良い服(ヤッケがお勧め、長袖、長ズボン)、長靴、帽子

◼︎蜂や蛇など山の生物が多く共存したフィールドです。なるべく黒い帽子や洋服はさけて、長袖長ズボンでおこし下さい。

■主催:トランジション藤野 森部

■お申し込み・お問合せ先
fujinomoribu@gmail.com 担当:伴
スポンサーサイト

【告知】9/13「ふじの自然学校 里山体験講座」

森とひと、街と山、いのちを繋ぐ森部の活動へ!
「ふじの自然学校 里山体験講座 9/13」
~命育む森のために、あなたにもできることがある~

梅雨のように断続的に続いた8月は記憶にないくらい涼しい夏休みでした。
作物の成長への影響が心配ですね。
今回は時間も短いですが、定期的にメンテナンスをすると言う意味で大事な機会です。
参加者の集まり具合と、皆さんのご希望にもよりますが、予定では、田んぼと畑の草刈り、今年最後になる皮むきを実施しようと考えています。
もちろん、初回の方向けのフィールド案内も予定していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
これまでの活動日の内容は下記のブログで紹介されてますので、是非ご覧下さい。
http://ttfujinomoribu.blog.fc2.com/

■日時
9月13日(土) 10時ー12時
■場所
相模原市緑区小渕(関野地区)
■集合場所、集合時間
9:30 、藤野駅改札口出たところ
■参加費
無料
■講座スケジュール(予定)
09:30 受付(藤野駅にて)
10:00 フィールド作業開始
12:00 解散

■持ち物:着替え、軍手、長靴、タオル、水筒、雨具、保険証
※あればお持ちください(のこぎり、ノコ鎌、剪定ばさみ)
■服装:汚れても良い服(ヤッケがお勧め、長袖、長ズボン)、長靴、帽子
◼︎蜂や蛇など山の生物が多く共存したフィールドです。
濃い色の帽子や洋服はさけて、長袖、長ズボンでおこし下さい。
■主催:トランジション藤野 森部
■お申し込み・お問合せ先
fujinomoribu@gmail.com  担 当:マス
申込み〆切 9月12日まで
申し込み時に下記をご連絡下さい。
1、お名前(フルネーム)
2、参加人数
3、住所
4、ご本人、及びご家族への緊急連絡先電話番号
5、生年月日
6、交通手段(電車、車)
7、参加理由やご質問など何かございましたらご記載ください

※この日、活動時間が短い理由は、藤野にも大いに関係のあるリニア新幹線についての勉強会に参加するた
めです。
興味のある方はご一緒しましょう。
「さあリニア!そうかリニア!やっぱりリニア?!~リニアがもたらす藤野の未
来~」
https://www.facebook.com/sagabbs/posts/1398968296992368

里山体験講座 8/24「甘い蜜の香りに誘われて」

ふじの自然学校、里山体験講座の八月の第二回目報告です。

10:00~12:00 採蜜と養蜂家の中川さんのお話@cafa cofee

「甘い蜜の香り漂う幸せな午前」
saimitsu140824.jpg
前半の採蜜は、巣箱を置いているカフェcafaのお客さんも交え、同じ保育園仲間
の子ども達がにぎやかに遊ぶ中、総勢15名ほどで行われました。 巣箱の特徴、
蜂の生態、ミツバチ業界の実態など、中川さんの生々しいお話をたくさん伺いな
がら、準備は進んで行きました。実は前の週も中川さん宅 で採蜜だったのです
が、箱の形が違っているようで、一工夫が必要な作業でした。

採蜜時には次に使う新しい巣箱にハチを移すために様々な工夫をされていて、実
際作業を見てやっとわかるアイデアに富む作業でした。

そして、巣箱が開きます。有機的な何とも言えない、ちょっとグロテスクな形と
も言える巣が見える。ミツバチを新しい箱に追い出しつつ、蜜がいっぱ いの巣
を丁寧に採っていく。とりながらも迷ったミツバチに刺されないように気をつけ
る。近くにくると、分かっちゃいるけど、どうしても手で払って しまうが、払
うと攻撃対象になってしまうので要注意です。
hachinosu.jpg

採った巣をCafaのマスターが小分けにして出してくれる。コーヒーと共に頂くハ
チミツは格別でした。水分が多いため口に入れるととろ~っととろ ける感じ。
あと、ミツに色の濃淡があり、濃いところは熟成された蜜ということで、薄いも
のから食べてみると、香りと味の差が雲泥の差。ここまで濃 厚で香り高い蜜に
変身するとは思いもよりませんでした。

採れたての蜜のあまーい香りが漂う、幸せなひと時となりました。

もし来年、森部で巣箱を設置することになったら、トランジションブランドのハ
チミツができそうです。地域にあるプロの技を受け継ぐことができれば と思っ
ています。

今回の講座の前半は、場所の提供から外での椅子、机、そして飲み物cafaのマス
ターにお世話になりました。またコーヒー飲みに行くことにしま す。

「雑草と格闘、午後はフィールドへ」
片付けをある程度行った後は、午後の部参加の二人にランチまでのもう一人を加
えて、三人でランチしました。森林塾参加メンバーの三人だった事もあ り、研
修の話題、フィールドの話から日常の事まで話はつきませんでした。

ランチタイムの後は、さあ楽しいフィールド作業です。一時半に現地へ。この日
は五時ごろまで作業を行いました。

フィールドまでの山道にはびこる伸び切った草を刈りつつ、フィールドへ前進。
今年は雨が多いせいか、昨年よりも勢いがいいようです。道はまだいい のです
が、田んぼや畑が、、、。ということで、今回は田んぼ周りを中心に、アプロー
チの道も含めて刈って行きました。田んぼの中には、ミゾソバが 繁茂し、イネ
が生えていると思いきや、イネ科の雑草チガヤが元気に伸びていると言う状況は
ここ数ヶ月変わらず。二週間毎に同じ作業をしている気 が、、、。がんばるぞ~。
tanbo140824.jpg
二人での作業でしたが、一人は田んぼの周囲を、一人は中を担当し時間内にほぼ
完了。周りは、ザクザク刈って、ガシガシむしって、まとめてからどん どん積
んで行く感じ。中は、稲があるので丁寧に刈っていきました。

草刈りの際、田んぼの横にいた鳥が、驚いて飛んで行きました。
田んぼの中からはコジュケイのヒナが出現。
どうやら、この子の親だったようで、草刈りの間中、心配して鳴いていました。
心配しなくても食いやしないよ。
kojukei140824.jpg