まきクラブ藤野

2010年の活動開始以来、あれこれやることを広げてきた森部ですが、またまた活動の幅が広がります。今回、2016年冬に立ち上がった“地域の薪の自給に向けたプロジェクト”をサポートすることになりました。森の資源を暖房エネルギーに変えるという目標を達成すべく、プロジェクトメンバーで薪割り機を共同購入。そして、その資金の一部を森部より提供することになりました。プロジェクトメンバーの薪ストーブユーザーは、地域の薪で暖房エネルギー得られるようになります。そして森部としては、その活動をサポートすると共に、薪の販売に向けても始動!メンバー以外の薪ストーブユーザーにも薪を調達し、地域のバイオマスエネルギー循環を目指します!
以下、「Makikura まきクラブ藤野」のストーリーです。
makikura.jpg


****************************

2016年の冬、志を持った四家族が集まる。

新築の際に、薪ストーブを導入したはいいが、肝心の燃料である薪をどう調達したらよいか?いろんな調達ルートはあるものの、「買うのは悔しい!」とある家族。この発言は、近くの森に資源が溢れているのに有効活用されていない状況を物語る。

日本の森は荒れている。この事実が一般に知られていないことも驚きだが、薪ユーザーにとっては森の整備は深刻な課題だ。燃料を森から仕入れる立場である以上、森に優しい形で、かつ近隣の山から調達する、と言うのが理想である。でも、理想に近づくのはちょっと遠い道のり。一人だけでは難しい。

じゃあチームでやろうじゃないか!と四家族が集結。一番長い家族で5年間、薪ストーブを所有している。これまで一家族ではできなかった、高額の機械の購入や、薪を得るまでの大変な作業を、皆で一緒にやることで実現できる!暖房エネルギーの自給生活に向けて、さあ突っ走るぞ!

冬には薪ストーブが、その家の主たる暖房機器として稼働するので、メンバーの責任は重大だ。薪割り機も購入した!プロジェクトメンバーも揃った!さあ、安心して薪を燃やせるようにチームメンバー、そしてサポートメンバー一丸となって頑張るぞ!
スポンサーサイト