スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回ふじの自然学校レポート

枯れ沢の詰まりを取って小川が出現してから一ヶ月。果たして、森はどんな変化を遂げたのでしょうか。
今回の講座はフィールドからスタート。地形図で確認しながら、これからどんな森を整備するのかを参加者に見てもらいます。前回、詰まりを取って小川になった本流部分は、一ヶ月経っても、しっかりと水が流れていました。しかも泥水ではなく透明な水です!

しかし前回、水の湧き出した中央高速の橋脚真下に位置する側溝には、再び泥が堆積していました。これは主に、中央高速からの排水を流す溝から溢れ出た水が、その脇の裸地化した急斜面を伝って泥と一緒に下の側溝に流れ込んだためと推測されます。そこで、この日はまず、上の排水溝を掃除するところから始めました。
shamen.jpg

排水溝が直角にカーブする部分の蓋を取ると、そこには落ち葉や泥がたっぷり詰まり、ヘドロ化してドブの臭いをはなっています。矢野さんによれば、溝がカーブする部分に角が残っていると詰まりやすいので、できるだけ流線型にした方がよいとのことです。
dobusarai.jpg

続いて溝の脇の斜面に丸太を横向きに並べ、土留めを設置。斜面の一番下には溝を掘って、そこに丸太や小枝を埋めていきました。この土留めの上からは落ち葉をたっぷり振りかけて、水の浸透を促します。「浸透しながら流れてくる水は、加速度がつかないから泥を一緒に流さないんです」と矢野さん。

次の作業はもっとも重要かつ、緊急の課題。「トイレ」の建設です。水田跡の広場で地面に穴を掘り、その周りに、前回束ねて立てかけたササを利用して壁を作りました。小一時間で、住みたくなるような見事なトイレが出来上がりました。ドアはありませんが、「カタツムリ式」で、ぐるぐる回って内部に進むので、入ってすぐに先客と出くわし、気まずい思いをする心配はありません。
wc.jpg

完成したトイレを眺めながらのお昼ご飯、そしてお昼寝の後は、周囲の伐採、伐根作業。水田跡の広場を中心に、チェーンソーや、チルホールという手動のウインチを使って、枯れ木を伐採・伐倒していきました。この作業によって、周辺のエリアの風通し、水通し、光通しがよくなります。 
tirfor.jpg


同時に、前回出現した小川をスコップで上流に向かって掘り進め、更に上に伸ばしていきました。この際に、空気の詰まりをとるために動かした大きな石は、水が通った後、もう一度川に置きなおします。これは、水の流れを緩やかにし、雨天時などに一気に流出することを防ぐためです。
詰まりを取っていくうちに、小川は次第に流れが力強くなり、せせらぎも聞こえてきました。どこから現れたのかサワガニも嬉しそうに泳いでいます。少しずつ森が変わり始めているのでしょうか。
sawagani.jpg

作業の後は、公民館に移動して、この日の作業のおさらい。質疑応答の中で、森の変化をどう感じ取ればよいのかというお話になりました。水がきれいになって植物が呼吸を始めると、葉を光にかざすと輝くような色に、落ち葉は有機ガスの嫌な「臭い」から、よい「香り」に変わるそうです。土の変化を感じとるのに一番よいのは足の裏。皮膚感覚で、土の固さが変わっていくのが分かるとのこと。「五感」によって、これからの森の変化を感じていくのが楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。