スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/25~5/26 第4回ふじの自然学校報告~種籾を蒔くの巻~

 前回に引き続き、今回も2日連続講座。初日は藤野中央公民館でのお話です。整備をどこまですればよいのか、環境が改善しているかどうかをどこで見分けるのか等、矢野さんの経験に基づいた話には含蓄があります。
水脈整備は「車の運転」をイメージするとよいそうです。水は急傾斜で加速しますが、蛇行しながら減速し、流速を一定に保ちます。運転も地形に沿って加速と減速を上手に行うことで安全で効率のよい運転ができるとのこと。こんな風に、普段から自然の合理的な仕組を意識して生活したいものです。

2日目のフィールド実習では、前日の座学でも話題に上った、環境が改善されたポイントを見ていきました。下草は全体に黄緑色をしていて、くすんだり黄色っぽく変色したりしているところはありません。これは土の中で空気が動く状態になり、呼吸が出来るようになったからだそうです。土を触ってみると、土の粒がくっついて細かい固まりになった「団粒」が、しっかり出来ていました。この団粒は微生物の働きで作られるものです。空気が通っていない土壌では、生き物も呼吸ができず、土は細かいパウダー状になってしまいます。
講座が始まったのは冬の時期なので、その頃と草の状態を比べることはできませんが、最初の頃に枯れかけていたイヌツゲとヒイラギの木を観察してみました。確かにどの枝からも黄緑色の新芽が出ていて、息を吹き返しつつあるように見えます。溝を掘って空気通しがよくなったことで、土壌環境が改善されているのでしょうか。
130526shinme.jpg

畑の野菜は、しっかり根付いていました。
この日の畑の作業では、野菜の周りに、生ゴミと米ぬかを混ぜた肥料を蒔き、その上から草で「グランドカバー」をかけていきました。草をかけることで、保湿性を高めるのと同時に、雨から土を守ることもできます。カバーにした草は最終的に分解され、畑の養分になります。グランドカバーは畑だけでなく、フィールド内の抜開地一体に被せていき、一面が緑の絨毯のようになりました。
130526grandcover.jpg

前回までに溝を掘った周囲では、乾いた表層土の上に、下層から掘り出した湿った土が被さっています。このままでは雨が降った時に水が保持できないので、鋤を使って土を均し、一様にしていきました。整地した土の上にも草でグランドカバーをします。
沢の水脈整備も引き続いて行いました。2本の沢をこれまでに掘った地点から更に上流へ進めて行きましたが、前回までに整備した部分で、再び水が枯れてしまっていました。これには下流の詰まりが影響している可能性があります。そこで下流の未整備だった箇所でも倒木を片付け、整備を始めました。

風通しを良くするため、木の剪定も行いました。剪定は、「重さ」と「濃さ」を見て行うとのことで、矢野さんは枝を揺すって張りを読み、切るとバランスがよくなる所を切っていきました。これは「風」が行う剪定と同じだそうです。うっかりすると切り過ぎたり、切り方が足りないと風が通らなかったりしそう。奥が深いです・・・。
初めての参加者から「マニュアルみたいなものがなく、自分で考えて調整するのが楽しかった」との感想がありましたが、自然と対話しながら進める作業は、マニュアルに沿うのではなく、観察と経験を通じて考えなければいけないのが難しさでもあり、楽しさでもあります。

この日はいよいよ「田植え」の予定でしたが、水が枯れて、すっかり田んぼが乾燥してしまいました。これでは田植えはできません。そこで急遽、矢野さんが水稲、陸稲のどちらにもなるという「イセヒカリ」の種籾を調達してくれました。イセヒカリは平成元年に伊勢神宮神田で誕生した新しい品種。神田のコシヒカリが台風でなぎ倒された時に、2株だけ立ち残っていたことで発見された不思議なお米です。
ということで、作業は田植えではなく種蒔きとなりました。乾いた田んぼに浅く溝を掘り、種籾をバラ蒔いていきます。溝は実験的に等高線に対して平行なものと垂直なものの2通りを掘ってみました。田んぼが乾いたままなら陸稲として、水脈整備で水量が増えれば水稲として育っていく筈です。矢野さん含め、稲の種蒔きは初めての経験なので、うまくいくかどうかは分かりませんが、イセヒカリの奇跡の生命力に期待です。
ふじの自然塾は来月はお休みで、次回は7/21(日)実施です。その間のフィールドの変化はこちらのブログで報告していく予定です。
130526tanemaki.jpg
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。