スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/2の田んぼの様子

6月中旬、ようやく梅雨らしくなりましたが、下旬からは再び日照りが続きました。さて、関野フィールドの田んぼはどうなっているでしょう?
辛うじて周囲の水路に水は残っているものの、再び乾燥し始めていました。
130702suiden.jpg

あれ?奇跡の稲、イセヒカリは???
湿ったところを好む雑草、ミゾソバに埋もれて見えなくなっています。
イセヒカリもよ~く探すと、あちこちで成長中。20cmくらいに伸びた稲もいます。でも、中にはまだ3cmくらいの高さで雑草に覆われてしまったものも。湿り気があり、かつ、日当たりのよい所では、稲の成長がいいようです。

丈の低いものは、このままでは周りのミゾソバやヘビイチゴなどの草に負けてしまいそうです。そこで、稲を刈らないように注意しながら、草を刈って日が当たるようにしました。
130702ine.jpg

乾燥にも雑草にも負けず、強く生き抜けイセヒカリ!

畑の作物も生育中。トマトやカボチャが幾つか実をつけ始めました。こちらも草に埋もれかけていたので、「風の草刈」を実践。作物に空気と光が通るようにしました。実はこの前日、近くでサルの群れを目撃。なるべく野菜に気付かないでね。
130702tomato.jpg

次回のふじの自然学校は7/21開催。是非、森の変化と田畑の様子を見に来てください。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。