スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月17日(日)第一回ふじの自然学校「水脈整備講座」~草を刈って空気を通す~

「人の目は、目に見えないところも見える」

5月17日(日)、今年度、初めての矢野さん講座を実施しました。
まず、高速道路の橋脚下をチェック。以前に比べて土砂の堆積が減ったこの場所。石にもコケが生えてきて、生き物空間が形成され始めたことが分かります。
2015_0517koke.jpg
矢野さんによれば、堆積土砂が減った要因の一つは、ヒューム管の更に下流にあるU字溝を覆い尽くしていた藪を刈り、風通しを良くしたこと。しかし、出口の空気詰まりの解消だけでは、再び土砂がたまってしまうので、同時に水の勢いを弱くするケアも必要です。ヒューム管手前に倒木の杭を設置して水流を弱めたり、土砂を濾すために石や枝を置いたりしておきました。

続いて、フィールドに移動。5月も半ばの今、緑の色は濃くなり、草の勢いも強まって、すっかり初夏の様相です。今日の大事なお仕事は草刈です。いつもの矢野さん流、「風の草刈」講座となりました。矢野さんが草を振って揺らしながら、草刈の極意を解説します。草が弱い風、中くらいの風、強い風、それぞれの風で揺れる部分を間接とすると、草の体は3間接くらいで構成されています。全部根元から切ってしまうと、却って草が反発し、勢いが強くなってしまいます。土地の使い勝手に合わせて、どこの関節で切るかを考えて刈っていくといいそうです。まずは畑とその周辺の草刈。先日播いた種も発芽していました。午後は参加者が中心になり、田んぼの周囲の草を刈っていきました。
伐採した木や枝も無造作に伐った場所に積んでおいては、つまずいてケガをする元になったり、空気の流れを妨げたりしてしまいます。木に立てかけたり、枝の上に積んだりして、地上に空気が通るようにします。
2015_0517edaoki.jpg

随分すっきりしたように見えたのですが、矢野さんの目には、まだ詰まりが見えるようです。そこで、矢野さんは草刈機を使って数分で手直し。斜面変換点を中心に、少し刈り直しただけですが、随分とすっきりして見えます。「機能がちゃんとすれば、人はそれを実感できて、鬱陶しくないように見えます。人の目は、目に見えないところも見えるんです」写真ではよく分からないビミョーな違いなんですが、矢野さんが言うように、確かに空気が通り、自然が機能し始めたように感じられました。
2015_051yanokusakari.jpg
2015_0517yanokusakarigo.jpg

続いては、しばらくメンテナンスをしていなかった素掘りの溝のチェック。この溝を介して、沢の支流が本流に流れ込みます。溝の中には、空気の流れを作るため、何箇所か深い穴を掘っていたのですが、この穴が泥で埋まっています。ヘドロのような泥が溜まった部分は、植物の根が腐って有機ガスを発生し、ドブのような匂いが発生します。この泥をかき出し、空気通しを良くする作業をしました。堆積した泥をかきだして深く掘り直した穴の手前には枝葉を設置し、泥腰を設置していきます。ここにも矢野チェックが入り、矢野先生による手直しがされました。こうした作業で空気が通ると、生き物達が呼吸できるようになり、環境全体にプラスの連鎖が生まれるのです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。