9/5ふじの自然学校「水脈整備講座」のお知らせ

今年の夏は、うだるような暑い日が続きますね。
一体どうすりゃええの?そうだ!こんな時こそ水脈整備だ!

水脈整備は、上野原在住の造園家、矢野さんの提唱する環境再生の手法。
自然の仕組に習って、コンクリートで固められて詰まってしまった空気と水の流れを取り戻し、小川の流域の森や畑を蘇らせます。

というわけで、汗だくになって空気と水の詰まりを取りのぞき、森にひんやりした空気を取り戻しましょう。

■日時
9月5日(土)
10時ー17時
■場所
相模原市緑区小渕 
■集合場所
藤野駅
■集合時間
9:30
■参加費
4,000円(保険込み)学生半額、保護者同伴で高校生以下は無料
藤野/相模湖在住者・よろづ会員は2,000円(申込時にお申し出ください)
過去の水脈整備講座参加者は3,000円
無料モニター制度あり(若干名:5名以上で参加申し込みされたグループの代表者1名)

■講座スケジュール(予定)
9:30 藤野駅集合
9:45 受付
10:00 森での講座(沢のお掃除、沢遊び…)
12:00 昼食
13:00 森での講座(風の草刈り、田んぼ・畑がイキイキするメンテ方法…)
15:00 休憩
16:30 質疑応答(本日の疑問解消!)
17:00 解散

■持ち物:お弁当、着替え、軍手、長靴、タオル、水筒、雨具、保険証
※あればお持ちください(のこぎり、ノコ鎌、剪定ばさみ)
■服装:汚れても良い服(ヤッケがお勧め、長袖、長ズボン)、長靴、帽子

蜂や蛇など山の生物が多く共存したフィールドです。なるべく黒い帽子や洋服はさけて、長袖長ズボンでおこし下さい。

■主催:トランジション藤野 森部

■お申し込み・お問合せ先
fujinomoribu@gmail.com
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どうも
昨日はお疲れ様でした。
体調などはいかがですか?

一日経つとまたあの時間に得た印象や心に残ることが変わり奥深いですね。
感想を書きましたのでよろしければ何かに挙げてください。
遅くなりすみません。
---------------------------------------------------------------------------------以下本文

里山整備講座に初めて参加しました。
日本中いたるところで里山の原風景が荒れ果てており、その中で野山、自然とどう向き合えるのか、自分たちの力の小ささと乱れた里山の面積の広さに愕然とする気持ちをぬぐえないまま、ゆったりとした講座のペースにもどかしさを胸いっぱい感じながら後をついていきました。

「人工的に川の流れを蛇行させ、凹みをつけ、水の流れを緩衝させて穏やかなやさしい流れを作る。そうして水のわだかまりをなくす。」
ほんの短い距離を進んではまた立ち止まり講義をしていく。
ああ、と思うところでお昼の時間になりまた穏やかな眺めが続く。
午後は自然農法の田んぼの手入れと周囲の草刈り
お昼休み中にフィールドを少し歩いたのですが、そこに田んぼがあると気づきませんでした。
そんな思いに揉み込まれながらも自然の栄気に満たされての解散となったのですが…
不思議とそこに答えがあったのです。
先に急ぎ、効率を求め簡略化された街や行き交う人を感じながらも、自分の呼吸とペースを取り戻し、何が一番大切なのかを心の奥で感じているような…
とはいっても、里山整備の命を吹き返す手法の根源には人の理論も挟まれないような厳とした法則に裏打ちされているのですが…


なんだかまとまらなくてすみません。
珍しく答えを求めたくなるような文章にしてしまいました。
ご意見ありましたらご連絡をm(..)m
お体ご自愛下さい
非公開コメント