スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「7/3名倉きらめ樹」報告

7月3日に実施した「名倉きらめ樹」は4組の参加で、子どもたち3人を含めて、和やかな会になりました。
参加者数は、大人5名と子ども3名の合計7名。

子どもたちは、自分の娘に加え、その保育園時代のお友だち、そして最近地域通貨を通じて知り合ったご家族の娘さんの3人で、保育園児から小学生の構成に大人が加わる感じ。

最初に、森のお話から入りました。どうしてこのような活動をやっているのか?日本の森林の現状となぜその現状が生まれているのか?なぜきらめ樹なのか?についてざっと説明した上で、待ち切れない子どもたちに引っ張られて作業へ。

作業前に準備が必要でしたので、近所の竹林から伐採してきた竹で、皮むき用のヘラを自作するところから入りました。これには子どもたちも多少興味があるようで、じっと見ていました。

そして森の中へ。この林地は地域の主要道と相模川を挟む2haほどの範囲なので、それほど暗くはないところですが、杉が鬱蒼としている感じは他の林地と変わりません。ここは本当に面白い林地です。皆さんもぜひ遊びにいらして下さいね。

さて、道を知らないはずの(笑)子どもたちの先導により、最初の皮むきエリアで最初の作業。実演し、話も交えながら、さて大人も子どもも交じって一緒に皮むき。せーの、っという感じでみんなで一斉に剥く。大人たちも子どもたちもみんな段々コツがつかめてきて、そしてちょっとずつ楽しくなってきた表情を見せ始めました。
160703nagura.jpg


そして、二つ目の皮むきエリアへ。ここまでくると川も見える程で、キラキラ輝く川面を尻目に次なる皮むき作業を進めます。初心者の大人も、徐々に手慣れてきて、どんどん上達していきます。

休憩を挟みながら、午前中の作業で5本皮むきしました。休憩時間もいろいろな話に花が咲き、子どもたちの可愛らしい姿に和んだりしながら、いい森時間を過ごすことができました。参加者の皆さんに感謝です。

それではまた次回。次は7/31(日)です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。